WOJEの日々

資質のいろんな側面

こんばんは。
WOJEの西原です。

 

昨日、スタッフ3人に
ストレングスファインダー®を
受けてもらいました。

 

ストレングスファインダー®は、
アメリカのギャラップ社が開発した、
人の「強みの元=才能」を見つけ出す
診断テストです。

参考サイト: ストレングスファインダー®とは

 
 

177個の質問に答え、
34種類の資質(強み)の内、
上位5位が表示されます。

 

34の資質
01.ポジティブ
02.個別化
03.活発性
04.アレンジ
05.最上志向
06.着想
07.運命思考
08.社交性
09.調和性
10.共感性
11.包含
12.成長促進
13.達成欲
14.コミュニケーション
15.適応性
16.原点思考
17.内省
18.未来志向
19.学習欲
20.戦略性
21.親密性
22.自己確信
23.責任感
24.指令性
25.競争性
26.収集心
27.公平性
28.分析思考
29.回復志向
30.自我
31.目標志向
32.信念
33.規律性
34.慎重さ

資質のわかりやすい解説(漫画)

 
 

診断テストは、
和訳のため、日本語がおかしく、
謎な質問が多いです。。

 

それでも、
私や周りで受けた人達は、
全員「あー、◯◯さんぽい!」
という診断結果が出ていました。

 
 

自分の資質を知って、
意識することで、
より強みを伸ばしやすいのと、
他者理解も深まります。

 

スタッフの結果も、なるほどなぁ
と頷ける部分がたくさんありました。

面談で、自覚ある?と聞きながら話せ、
スタッフのことをより知れる機会にもなり、
よかったです。

 
 

 
 

あと、
資質はいい部分だけでなく、
悪い側面がでることもあるので、
気をつけるようにしてます。

 

私は、よいものを更によくしようとする
「最上志向」が上位にあるんですけど、

よりよいものを届けたい気持ちが強すぎて、
メーカーさんに要望を
言い過ぎてしまうことがあります。

 

そのたびに、
あーーー、また言い過ぎた。。
これでは、相手を疲弊させてしまう。。
作っていただいてることへの感謝を
忘れてはいけないと、
反省しています。

 

でも、この診断で「最上志向」が
強めだと自覚しているからこそ、
やりすぎないよう注意できるようになりました。

 

そういう点でも、
ほんと受けてよかったなと思ってます。

強みはただ伸ばせばいいってものでもなく、
何ごともバランスが大事ですね。