つぶやき

ジュエリーケース製作の見学

こんばんは。
WOJEの西原です。
 

今日、ジュエリーケース製作の
見学へ行ってきました!

 

ジュエリーケース

 

製作している横から
写真を撮らせて頂きました。^ ^

一番最初からではありませんが、
ほとんどの工程が撮れたので、
よかったです。

 

ジュエリーケース製作

 

木の枠に、生地をはりつけていく作業。

 

ジュエリーケース製作

 

ピシッと密着するように、
工具で圧をかけています。

 

ジュエリーケース製作

 

天面をはりつけて、

 

ジュエリーケース製作

 

接着剤をつけた後に、

 

ジュエリーケース製作

 

生地を巻き込みます。

 

ジュエリーケース製作

 

蓋裏のサテン部分をはりつける際、
このように枠の型をあてた上から
はりつけていらっしゃいました。

 

ジュエリーケース製作

 

こうすることで、
サテン部分がぴったりど真ん中にきます。

 

ジュエリーケース製作

 

外側にはクッションを入れています。
(仕切りがくいこんでとまるよう)

 

ジュエリーケース製作

 

真ん中にも。

 

ジュエリーケース製作

 

こちらは別の方で、
仕切りのアクリルに内装の生地を
貼り付けてくださっています。

 

ジュエリーケース製作

 

はみ出た生地は、
丁寧にハサミでカット。

 

仕切り

 

こちらですね。
全部、手作業でカットされてたとは。。

 

ジュエリーケース製作

 

最後、プレートも位置がずれないよう、
型をはめてから設置。

 

機械でやってることは生地のカットぐらいで、
あとは全部手作業だそうです。

どの工程も、
本当に丁寧に仕立ててくださってました。

 

ハイブランドのジュエリーケースも
手がけられている
ケース専門のメーカーさんなので、
技術力やクオリティは
見てて安心感がありました。

 
 

そうして完成した、
ジュエリーケースがこちら。

 

ジュエリーケース

ジュエリーケース

ジュエリーケース

 
 

工場長にケース作りの
大変な点をお伺いしたら、

資材のコンディションが違うこと
と、おっしゃってました。

 

料理で例えると
野菜のコンディションが違う時があるように、
生地など資材にもあると。。

そういうことがあっても、
試行錯誤して美しく仕上げるそうです。

 

蓋裏のサテンの部分も、
かなり難しかったそうで、、、
でも、なんとか実装してくださいました。

蓋を開けた瞬間の華やかさを演出する上で、
必要な部分だったので、
本当にありがたかったです。

 

お話してて、いたるところに
工夫してくださってることが伝わってきて、

「素敵なジュエリーケースを作って頂き、
本当にありがとうございました」
とお礼を言いながら、
泣きそうになりました。。

 

いよいよ、先着分は
来週水曜・木曜発送予定で、
北海道以外の地域であれば、
12/24~26に到着するかと思います。

ちょうどご自身への
クリスマスプレゼントになりますね。^ ^

狙ってたわけじゃなく、たまたまです。笑

 

※来週に発送完了メールが届かなかった方は
1月中旬から順次発送となります。