新作

ジュエリーケース完成!

こんばんは。
WOJEの西原です。

 

ついに!!

ジュエリーケースが
完成しましたー!

 

昨日完成したサンプルを頂いたのですが、
もう嬉しくて、嬉しくて、
早く伝えたくて、
今朝さっそく撮影しました。

 

ジュエリーケース

 

外装の生地と蓋裏のサテンは、
自然光と蛍光灯の下では
多少色味が違って見えます。

室内で使うものなので、
蛍光灯の下での色味に近づけて
写真の色補正をしました。

(デバイスによっても色味は
多少違って見えるかもしれません)

 
 

プレートの位置を変更した理由は…

 

ジュエリーケース

 

閉める時に、挟まったから。笑

「これ・・・邪魔やな」
となりました。笑

 

でも、さすがにプレートがないのも、
デザイン性がなさすぎるので、
上部につける事にしました。

 

ジュエリーケース

 

結果、上品ですっきりして、
いい感じに仕上がりました。

ロゴも刻印ですので、
印字より主張が強くなく、
さりげない感じにしました。

 
 

ジュエリーケース

 

カラーは、最終こちらに決まりました。

 

左側が
外装:オレンジベージュ
蓋の裏:落ち着いた上品なオレンジ
内装:淡いイエローベージュ

蓋を開けた瞬間、
パッと明るい雰囲気が漂い、
一日のスタートの気分を高めてくれます。

右側が
外装:ピンクグレー
蓋の裏:濃いブラウン
内装:ブラウン

こちらは落ち着いたシックなカラー。
上品で、高級感があります。

 

全然雰囲気が違いますので、
お好みで。

 
 

ジュエリーケース仕切り(可動式)

 

そして、可動式の仕切り、
すごく使い勝手がいいです!

こちらはアンケートに回答くださった
皆さんのおかげです。

貴重なご意見、
本当にありがとうございました。

 

外側と中心の縦の固定部分に
クッション性をもたせ、
仕切りがしっかり留まる仕様にしました。

内装の生地は、ふかふかして滑らかで、
高級感があります。

 

仕切り

 

仕切りはとると、
少し跡がついています。

グラグラせず、しっかり固定されるよう、
可動式の仕切りは枠にくいこむぐらいの
長さにしているからです。

指でなでると馴染みますが、
多少は跡が残りますので、
予めご了承お願いします。

 
 

ジュエリーケース仕切り(可動式)

 

仕切りの中には、
透明のアクリルが入っています。

 

メーカー担当さんのアイディアで、
普通は木や段ボールが入っているようですが、
動かす時に目にするかもしれないと、
ご提案くださいました。

 

確かに・・・

仕切りを動かそうとはずした時に
「段ボールがつまっている」
とわかると、ショックですよね;

ナイスアイディアに感謝です。。

 
 

 

ケースの底です。

合皮の板を貼ってて、
これが、蓋なしの枠に
ハマる仕様になっています。

 
 

ジュエリーケース

 

コンパクトサイズですが、
結構入ります。

(横16.5cm 縦11.5cm
高さ上段3.3cm 下段2.5cm)

 
 

収納の参考に、
いくつかレイアウトを考えてみました。

 

ジュエリーケースレイアウト

赤の部分が動かせる仕切りです。
左は縦1本&横2本に分解可能、
右は分解できません。

オーソドックスなレイアウトで、
10点収納できます。

 

ジュエリーケースレイアウト

左を時計入れに。

折り畳んだ時の長さが約9cm以下の
華奢な時計なら入ります。

 

ジュエリーケースレイアウト

左の仕切りをはずして、
ジュエリークロス入れに。

 

ジュエリーケースレイアウト

仕切りをほとんど外して、
大きなカテゴリーでくくるのも、
取り出しやすそうですよね。

 

仕切りの高さは約1cmと
かなり低めにしているので、
全部仕切りがあっても、
取り出しやすいです。

ここも、使いやすい!
と思ったポイントです。

 
 

ジュエリーケース

 

開閉部分ですが、
蓋が後ろまで倒れないよう、
リボンで支えています。

金属の支えもありますが、
テイストがあわないし、
蝶番を入れるのは、
仕様上無理だったので;

蓋を閉める時に挟まることもありますが、
リボンが内側に入るクセがついてきたら、
内にすっと入ってくれます。

 

蓋はカチッと締まるマグネットや鍵は
あえてつけていません。

持ち運び用ではないですし、
そういうのがついていない方が
開けやすいからです。

朝の忙しい時に開く事が多いと思いますので、
片手でもサッと開けられて、
些細なストレスもないように考慮しました。

 
 

改善点

 

外装は、初回試作では、
生地の端やほつれが目立ったのですが、
端が見えないよう、
生地の巻き方を変更しました。

また、ほつれやすい角は、
熱処理を施していただく事になり、
気にならないぐらいまで改善されました。

 

もうひとつ、合皮も検討したのですが、
ケースに巻ける薄い合皮の中からの選択で、
革の質感や色がいいのがなくて;

 

絶対ほつれないわけではありませんが、
合皮であっても、角がはげたり、
年数経つと、溶けてねちゃっとするなど、
使用による劣化は起きます。

色の美しさや上質感、懸念点など
総合的に考えて、こちらの生地にしました。

 
 

蓋ありと蓋なしは、別々に販売します。

ですので、蓋ありのみ、蓋なしのみ、
蓋あり1個+蓋なし2個など
ご自身が持っているアクセサリー数に
あわせて購入可能です。

 
 

ジュエリーケース

 

仕様を0から考え、
サイズ・プレート・仕切りなど
すべてオリジナルで作成してますので、
どこにもないジュエリーケースが
完成しました。

 

また、日本製で、職人さんが手作業で
ひとつひとつ丁寧に仕立てていますので、
細部まで美しく、市場に多く出回ってる
海外製のジュエリーケースとの違いを
感じて頂けるのではと思います。

 
 

実際、試作用を使ってみたら、
ジュエリーケースに収納することで、
今の自分に必要なアイテムがわかりましたし、
(つけないものを手放して整理できました)

毎朝、ケースを開けるたびに目にする
可愛いジュエリーが並んでいる光景は、
今日も一日頑張ろうって気持ちに
させてくれます。

 

私は、上の段にスタメンアイテム、
下の段にたまにつけるアイテムを入れる事に。

 

ジュエリーケース

 

季節や髪型チェンジによって、
たまにトレードさせようかなと思ってます。

 
 
 

商品ページ(蓋あり)はこちら
商品ページ(蓋なし)はこちら