つぶやき

自宅仕事と通勤と両方経験して思うこと

こんばんは。
WOJEの西原です。

 

 

リモートワーク、
コロナを機に多くの会社が取り入れ始め、
自粛解除後も、働き方のひとつとして
浸透しそうですね。

 

今もリモートって方が
いらっしゃると思いますが、
だんだん集中力が散漫になったりしませんか?

 

ちなみに、私はというと、
一日中自宅仕事は、集中できません。^ ^ ;

 

なんでかなー?と考えたり、
リモートワーク系のYouTube動画を見て、
集中できない原因がわかってきたので、

今日はそれについて
書こうと思います。^ ^

 
 

つい最近、
リモートワークしてる男性の友人と
LINEでたまたまその話になったんですけど、

3カ月リモートワークで、
外に出れないのが辛い…

更に、奥さんから
「なんで毎日家におるねん。出て行け!」
と言われる…

と言ってました。
(お気の毒に。笑)

 

3カ月は辛いだろうなぁ。

私も昔、3か月自宅にこもって
仕事した事がありますが、
気が病みました。^ ^ ;

 

家で仕事って気楽さはあるんですけど、
パフォーマンス高く仕事ができなかったり、
コロナがなくても、気持ちが沈んできたりと、
私はマイナスな面の方が大きいなと感じてます。

 
 

まず、仕事環境の問題で、
自宅にビジネス用の椅子がない場合は、
腰痛になりやすく、姿勢がつらいです。

そうすると、
腰痛や肩こりに意識がいって、
仕事への集中力が下がります。

 

あとは、通勤といえど、
行き帰りの二回、太陽の光を浴びたり、
歩く事でちょっとした運動になるので、
リフレッシュになりますが、

それがないと、
なんかシャキッとしなくて、
仕事のスタートもちょっとだらけます。

 
 

実は、職場での雑談も
いいリフレッシュになるんですよね。

なので、私はちょいちょい
上田さんと雑談してます。^ ^

仕事中、いっさい私語を挟まず仕事するより、
雑談後にめっちゃ集中力が高まり、
仕事が捗ります。

 
 

あとは、
会社へ行くという適度な強制力があると、
生活が規則正しくなるので、
実は心身ともにラクだったりします。

 

自分を律する事ができる人は
大丈夫かもしれませんが、
長い期間、自由すぎると、
人は堕落していきます。

だらだらすると、
疲れやすくなるし、
顔もたるんできたり。(←恐怖)

 
 

また、一緒に頑張る同志が近くにいるという
環境の効果も大きい気がします。

学生の時、自宅より塾の方が
勉強が捗ったと思いますが、
それに近い感じかなと。

 
 

私自身、ワークスタイルは自由ですが、

毎日少ない時間でも
絶対事務所へ出勤しているのは、
堕落しないためと、
事務処理はやっぱり事務所が捗るからです。

 
 

なので、
リモートワークは
子供が小さいなどの理由で
どうしても出勤できない人が
一時的に活用したり、

フルリモートじゃなく、
週何日かリモートぐらいが
パフォーマンス高く仕事ができるのでは
と思います。

 

通勤がない分、散歩したり、
長期でリモートワークする場合は
腰痛にならない椅子を買うなどすると、
集中できない問題を少し解決できるかもしれません。

 

あとは、会話量が減るので、
病まないよう、プライベートで
たくさん家族や友人と会話するのも
大事かなと思います。

 
 

リモートが集中しづらい理由とあわせて、
通勤して働く事のメリットも挙げましたが、

約3か月自宅仕事したからこそ見えてきた事で、
(それまでは自宅仕事は自由で最高な働き方だと思ってました)

もし、通勤やだなーって思ってる人がいたら
実はいい面もたくさんある事を
お伝えしたいなと思い、書いてみました。^ ^