ギフト箱の工場見学

ゴールドアクセサリーショップ、WOJEの西原です。

今日は、WOJEのギフト箱を作ってくださっている
箱屋さんの工場へ見学に行ってきました!

工場では職人さん4名がかりで、
WOJEのギフト箱を作ってくださっていました。

ベースの厚紙はほぼ100%再生紙で、
厚紙に紙を貼りつける時に使うノリも
ニカワという天然素材のノリを使用されているそうです。
環境にもやさしい配慮がされていて、素敵です。

で、職人さんが、すごいんです!

ものっすごい速技で、箱ができていく流れを見て、興奮しました!

 
工場見学

工場見学

工場見学

工場見学

速すぎて、ピントがあわない…(笑)

ギフト箱
 

積み上げられたギフト箱のタワーにも感動!

熟練した職人さんが仕上げているので、
速いだけじゃなく、細部まで本当に丁寧で、
ものすごく仕上がりのクオリティが高いです。

機械よりも手作業の方がクオリティの高い箱を作ることができるそうですよ。

写真を撮ったあとは、社長さんが箱に対する熱い想いを語ってくださいました。

本当にいろいろこだわって作られた箱なんだな~と嬉しくなります。^^

表面に貼られた紙は、半分空気でできていて、
ずっと触っていたいぐらい触り心地がいいです。

箱はしっかりとした厚みがあり、
蓋を引き上げた時にコポッと音がするので、
開ける瞬間、”特別感”を感じさせてくれます。

 
ギフト箱
 

中にいれている樹脂綿は、厚みのあるふわふわの樹脂綿で、
数m単位で購入できなかったので、1本丸ごと(25m)で購入(泣)
先日、巨大樹脂綿が届き、すごく置き場所に困りました…。

樹脂綿を小分けにしようと、切り裂きまくっていたら、
周りから「布団屋さん始めたんですか?」と言われるし(笑)
右手ははさみの使い過ぎで、皮がめくれてます…。

でもでも、今日、工場の見学をさせていただき、
素敵な箱ができあがってきているのを見て、
作ってよかったー!!と、樹脂綿の苦労もふっとびました(笑)

近々、ギフトページを再度わかりやすく作り直して、
ギフト箱対応開始いたします。^^



2014-11-28 | Posted in つぶやき

関連記事